2016年03月

2016年03月27日

先日仕事でグアムに行き、ドコモパシフィック(docomo pacific)のプリペイドsimを購入し、
simフリーのスマホと、モバイルwifiルーター NEC Aterm MR03LN で使用したので
その防備録として記載して行こうと思います。
準備として必要なものは、microSIMのSIMフリースマートフォンとモバイルルーターになります。
契約時に、特に身分を証明するものは必要ありませんでした。

グアムにはプリペイドsim会社が4つくらいあるらしいですが、
その中でもドコモパシフィックは電波が強いとの評判がありましたので、そちらを選択。

何店舗かあるようですが、私は観光用の赤いシャトルバスの行き先である
「マイクロネシアモール」の2階に上がってすぐの所にある店舗に行きました。

赤いシャトルバス(妖怪ウォッチ!?)        
08

マイクロネシアモール2Fの店舗
32

店舗中央の受け付けのお姉さんにプリペイドsimを買いに来たことを告げると
順番待ちの券を発行してくれるので番号を呼ばれるまで待ちます。

私は3日間のデータsimを購入しました。
料金は、お姉さんによる端末の設定料金が割り引かれ、
sim代10ドル、3日間のチャージ料が10ドルで計20ドルでした。
3G通信の、データ量使い放題の料金になります。
(1日プランの料金を見るのを忘れてしまいました(汗)

設定にダイヤルアップとsmsを利用するので、データだけのsimでなく、
そういう内容のsimを買う必要がありますが、普通にデータsimプリーズと言えば
お姉さんが旅行者向けに選んでくれます。

注文後、お姉さんにsimカードの種類(マイクロsim、ナノsim等)を告げ、
自分のスマホを渡すと設定してくれますので、事前に本体表示を「英語」に
出来ればキーボードも英語キーボードにしておくとスムーズです。
(フリック入力でもやってくれましたが、面倒くさそうでした。)

因みに私の場合、次の週にもグアムに来なければならなかったので
チャージカードだけ別途3日分売って欲しいとお願いしたところ、
もう1回店に来てくれと言われ、売ってもらえませんでした。

もしかしたら観光客が多いのに個別にダイヤルやSMSでの設定を教えるのが
手間なのかもしれませんね。

設定してもらったあと、スマホで試しに速度を測ってみたらこんな感じに。
一番上の下り0.33Mbps、上り0.17Mbpsでした。場所によるかもですが。
guamsim

さて、これでスマートフォンでsimが使えるようになったのですが、ドコモ端末をsimロック解除した場合など
最初からsimフリーの端末でない場合にはテザリングが出来ません。

そこで、使ったことはなかったですが持ってきたのが
モバイルwifiルーターのNEC Aterm MR03LNです。

この機種は、購入時にはsimフリーではないのですが、ファームウェアバージョンアップを済ませておけば
simフリーになるとのことでしたので、バージョンアップしておきました。
(グアムに持って行った時点でのファームウェアバージョンは2.2.0でした。)

それでは以下に、NEC Aterm MR03LNでの設定法を書いていきます。

1.スマホとモバイルルーターの電源を切り、
  スマホに入っているmicroSIMを抜き、モバイルルーターの方に挿します。
  (なお、スマホとモバイルルーター間のwifi設定は事前に済ませて置いてください。)

2.スマホ、モバイルルーターを起動し、互いをwifiで接続状態にします。

3.スマホのブラウザアプリを起動し、アドレス欄に「192.168.179.1」と入力し、
  モバイルルーターのログイン画面を表示します。
  ユーザーIDは「admin」、パスワードはご自分が設定しているものを入力してください。

guamsim (1)

4.基本設定をタップします。

guamsim (2)

5.接続先設定をタップします。
(下画面では私が作ったdocomo pacificがありますが、
 初めての場合はありません。)
guamsim (4)

6.上の画面、接続先名の「未設定」のところの「編集」タブをタップします。

7.接続先名   :(任意)docomo pacific
  APN(接続先):internet

  他の設定は触らずに設定を押し、保存します。

guamsim (5)

  保存したらスマホのブラウザは閉じて結構です。

(このAPNの設定はグアムのdocomo pacificのものであるので、
 他会社や他国のsimの場合は、一回スマホの方でAPN設定の中身を参照し、
 紙で控えてルーター側で同様の設定を作れば良いです。)

8.ルーターのHOME画面を表示し、設定を押します。

37

9.メンテナンスを押します。

00

10.APN切り替えを押します。

06

11.並んであるAPN名から、先ほど作成した
   接続先名(任意)docomo pacificを選択します。

13



以上で設定は終了です。


要は、購入したsimカードの開通やチャージにダイヤルアップやsmsを使った通信が必要のため、
一旦simフリースマートフォンで開通作業をすれば、その後モバイルルーターで使えるようになるようです。

全ての国のもので使えるかは分かりませんが、同様の設定で使えるものはあると思いますので
参考になれば幸いです。



まよいmayotaru at 17:27│コメント(2)雑記 │